2017年冬アニメOP勝手にランキングTOP3!

2017年、今年もまたアニメが色々始まっていきますね。

というわけで!

勝手に今期アニメOPベスト3をやってしまいます!

第3位! 田中公平「鬼平〜江戸を走る〜」(鬼平-ONIHEI-より)

第三位は今期一番渋いアニメ、鬼平!!

池波正太郎さんによる時代小説ということで過去にも舞台、映画、時代劇にもなった歴史的作品なのです。

今作はこんな渋い作品のアニメ化ということでどうなるかと思ったOPですが、なんとインストでした!

作曲はドラゴンボール、不思議の海のナディア、勇者王ガオガイガー、ハヤテのごとく!、ロザリオとバンパイア、ぬらりひょんの孫、氷菓、ジョジョなど数多くのアニメ劇中曲などを手がける田中公平さん。

ひたすらかっこいいストリングスや雅楽器もいきたモダンジャズ系な一曲です!

ちなみにEDは由紀さおりさん。ひたすら渋い。

第2位! 沼倉愛美「Climber’s High!」(風夏より)

涼風などの青春ラブコメでおなじみの瀬尾公治さん原作の漫画「風夏」。

今作はただのラブコメと見せかけたなかなかの青春バンドストーリーでした!

最初知らなくて何気なくOP見たら劇中で憧れる人気バンドのライブシーン的なOP演出でやられちゃいましたね。

なによりイントロのリフめっちゃかっこいいです。

こちらの曲は作詞は原作者の瀬尾さん、作曲はロック系のアニソン作曲で定評のあるWEST GROUNDさん、そして編曲にスクリーモバンドMY FIRST STORYのギターであるShoさんという布陣!すごい!

本編もメンバーが徐々に増えて武道館目指して活動し始める感じ…ベタだけど最高ですね!

ちなみに今期はけいおん+ラブライブなバンドアニメ「Bang Dream!(バンドリ)」もありますが、

あっちのOPはなんか素人バンド感なくて練りすぎてるのが偽薬によくないので今回は落選です。

第1位!…そのまえに番外編

1位の前に2曲気になったOPを紹介。

UVERworld「一滴の影響」(青の祓魔師[エクソシスト] 京都不浄王篇より)

BLEACHにはじまりBLOOD+、地球へ…、D.Gray-man、機動戦士ガンダム00、青の祓魔師、宇宙戦艦ヤマト2199、アルスラーン戦記、パズドラクロスともはやアニソンバンドといってもいいくらいアニメタイアップしているUVERworld。

彼らのこの新曲がなかなかよかった!

ここ最近のUVERはなかなか難解なプログレばりの理詰め曲が多いですが今回はわりとエモーショナルで済ませられそうな正統派な曲をやっている印象でした。いい曲。

Machico「TOMORROW」(この素晴らしい世界に祝福を!2より)

曲というより映像がいいなと思いピックアップ。

わりとベタベタではあるのですが、OPまるまるで一つのお話のようなストーリー展開が見てて飽きないですね。

出し惜しみない感じが好感でした。

それでは1位の発表です!!

第1位!ONE III NOTES「Shadow and Truth」 (ACCA13区監察課より)

音ちゃんと聴きたい方。

月刊ビックガンガンで連載中の同漫画。まだ話しはゆるりとしてますが独特な世界観がなんか惹きつけられる作品です。

そして注目はこのOP!ひたすらオサレ!

バッカーノ的にも思える映像とこのブラスと女性ボーカル、ラップの絡みのかっこいい楽曲。

初めて聴いた時ぶっ飛びましたね。

歌っている「ONE III NOTES」というのは劇中曲も担当している「高橋諒さんを中心としたプロジェクト」ということしかよくわかんないんですが、誰が歌っているんだろう。

ネットでは林原めぐみ説などありますが…

誰にせよフルサイズで聴いてみたいです!

ということで勝手にベスト3でした!

萌え系なよくある声優ユニットソングは量産されすぎてるのでこういう曲が増えるのは嬉しいですね。