音楽モノ伝記映画 〜ブルース/ジャズ編〜

◆音楽伝記映画特集!パート2!

前回の下記記事に続き、

今回はブルース/ジャズ編です!

というわけで、今回も音楽モノの伝記映画を集めてみました!

ぜひレンタルや購入して見てみてください!

ブルース/ジャズ編

ここではブルース/ジャズなアーティストについての伝記映画について8作品をピックアップします!

・グレン・ミラー物語(1954年)原題: The Glenn Miller Story

glenn

モデルは説明不要なビックバンド/スウィングといえばこの人、グレン・ミラー!

トロンボーン奏者として始まった彼の音楽生活、結婚、楽団の結成、自分のスタイルの確立、そして第二次世界大戦が始まり慰問楽団として空軍に中退しても演奏をする日々。そんな生涯に迫る映画です。

映画中には本人役としてルイ・アームストロングなどのジャズメンも登場しよりリアルに楽しめます!

彼の死因は不明ながら大戦中に乗っていた飛行機が消息不明になったことから敵機に撃ち落とされたなど色々説がありますが、果たして映画ではどういうラストとなるのか…注目です!

・バード(1988年)原題: Bird

bird

モデルはジャズスタイルの1つ、ビバップを作った男とも言われるチャーリー・パーカー

タイトルのバードとは彼の愛称なんですよね。

少年時代、結婚、そして34歳で亡くなるまでの生涯の各場面をコラージュ的に表現しています。

監督は俳優としても著名なクリント・イーストウッド!作品もゴールデングローブ賞などを受賞する傑作です!

・5つの銅貨 (1959年) 原題:The Five Pennies

5192rhhvktl

モデルはレッド・ニコルズというブラスバンド系のコルネット奏者。ジャズ界では知る人ぞ知るという感じですかね。

42年に引退をしたのですが、その後44年に奇跡のカムバックを果たしたことを軸に、

多忙なレッドとその妻ボビー、音楽的才能の片鱗を見せた娘ドロシー。しかしとあるきっかけで小児マヒとなってしまったドロシー。そして後悔から楽団を解散させ、楽器を捨てたレッド。

そこからまた音楽家としてカムバックする家族愛を描いた映画です。

上記の「グレン・ミラー物語」に続きルイ・アームストロングが本人役でこちらにも出演していたり、

レッド・ニコルズ本人がトランペットシーンの吹き替えを行っていたりよりリアルな作品ですね。

・ベニイ・グッドマン物語 (1956年) 原題:he Benny Goodman Story

beny

モデルはスウィング・ジャズといえばこの人というべき奏者、ベニー・グッドマン

貧しい洋服屋の家庭だが、その9男として地元の音楽教室でクラリネットを習っていたベニー。そして16歳、遊覧船の学士をしていたベニーはジャズと出会う。

そこから巡業楽団に入り、人気ラジオ番組で演奏し出し、編曲依頼などをこなしつつカルテットを結成、ジャズ愛好家で上流階級の友人の妹との恋愛、そしてカーネギーホールという大舞台での演奏…彼の人生の全てが詰まった映画です。

こちらも演奏シーンの吹き替えは本人が担当しています。

・ビリー・ホリデイ物語 奇妙な果実 (1973年) 原題:Lady Sings the Blues

billyholi

モデルはサラ・ヴォーンやエラ・フィッツジェラルドと並び、三大女性ジャズ・ヴォーカリストといわれるビリー・ホリデイ

主演はなんとダイアナ・ロス!実力派です。

音楽好きな彼女は売春宿の女中となる。それはそこに大好きなレコードが豊富にあったためだった。

しかし強姦に合い地元に戻っても、貧しい家を助けるために街角に立って客をとらなければならない日々。しかし彼女の歌が求められ、麻薬におぼれ、紆余曲折ありつつも偉大なシンガーとなった彼女の人生が凝縮されたのがこの映画です。

・セントルイス・ブルース (1958年) 原題:ST. LOUIS BLUES

stloiuis

モデルはブルースの父と呼ばれるウィリアム・C・ハンディ。

そして主演はジャズの”キング”。人気絶長期のナット・キング・コール!

讃美歌以外を認めない父の目をぬすみコルネットを吹いていたウィリアムが、酒場の歌手に認められ作曲と演奏に励む。

徐々に実力を認められるウィリアム、そして人気に伴い父に見つかり対立する親子。

そんな家族の話でもあり、名曲「セントルイス・ブルース」など数々のブルースの名曲を生み出した彼の物語でもあります。

ナット・キング・コール以外にも黒人人気アーティストが勢揃いしておりその辺りのファンもたまらないキャストです!

・フランク・シナトラ/ザ・グレイテスト・ストーリー (1992年) 原題:SINATRA

51eub79kjwl

ゴールデングローブ賞、エミー賞受賞の話題作!

モデルはジャズ/ポピュラー界のレジェンド、フランク・シナトラ

子供時代に始まり、引退宣言から復帰した後の1974年に至るまで、50年以上の半生を振り返る作品です。

音楽は全てマスターレコードを使用し、シナトラ自身も全面協力!

娘であるティナ・シナトラも製作総指揮とまさに自伝的映画です。

・ブルーに生まれついて (2015年…今冬11/26日本公開) 原題:BORN TO BE BLUE

blue

ジャズ史の中でも最重要なトランペッター/ボーカリスト、チェット・ベイカーの伝記映画!

黒人ミュージシャン全盛の時代に現れた甘いマスクにいい声のミュージシャン。瞬く間に人気になるが麻薬に溺れだしてしまう…そこからある女性との出会いから再生の道へと踏み出していく物語。

主演のイーサン・ホークの半年に及ぶ集中トランペット修行がよりリアルな演技を見せます!

そして日本ではついに11/26から公開です!!

・MILES AHEAD マイルス・デイヴィス 空白の5年間 (2015年…今冬12/23日本公開)  原題:Miles Ahead

faba328c728af807

説明不要なジャズの帝王、マイルス・デイヴィス。

モダンジャズにおけるあらゆるジャンルを生み出してきた彼をわかりやすく言うなれば、モダンジャズ界のビートルズ。

ビートルズを題材にした伝記映画は数あれど(後日まとめます。)実はマイルスを題材にした伝記映画は初なんです!

内容は1975年の日本を最後にした活動休止から、1980年の活動再開までの5年間に迫るもの。

盗まれた新曲のテープをマイルスとローリング・ストーン誌の貴社が追跡するという物語。

マイルス役はアイアンマンシリーズでアイアンパトリオットに入っているローディ中佐役のドン・チードル。彼が今作ではマイルス(主演)、監督、脚本、製作もやってます!!

そして記者役はなんと大俳優ユアン・マクレガー!

肝心のライブパートではなんとマイルスとも共演している大御所ハービー・ハンコック、ウェイン・ショーター、ゲイリー・クラークJr.、ロバート・グラスパーなどなどジャズ系ヘッドライナー揃い踏み!!

こちらも「ブルーに生まれついて」同様日本では今年の12/23から公開です!!

今年の冬はジャズ映画が熱い!!

というわけでブルース/ジャズ編でした!

今後の予定はポップス/ソウル/ヒップホップ編と、ロック編その2、クラシック編、ビートルズ編をまとめ予定。

ぜひ御覧ください!