マイブームアーティスト12月期 Pt.1

◆12月期のおすすめアーティスト!パート1!

wp%e3%83%98%e3%83%83%e3%82%bf%e3%82%99%e3%83%bc%e7%94%bb%e5%83%8f%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%88

毎月ここ最近聴いてハマったアーティストや、好きだったアーティストの新曲についてビビっときたものをご紹介!

1. Grindmother – History Repeats

68歳のおばあさんがボーカルを務めるグラインドコアバンド、Grindmotherのライブリハ映像!

カナダのグラインドコアバンド、Corrupt Leadersのボーカルのお母さんがボーカルを務めるプロジェクトですがなんとこの春アルバムをリリースしライブもするんだとかw

どんなことになるか楽しみですね!

2. Dist.Araise – Isolation

日本の女性ボーカルジェント/プログレメタルバンド、Dist.Araise。

個人的にオフィシャルWEBはyoutubeの動画1つとTwitterのストリーム。

あとはTwitterやFacebookなどのSNSに投げているあたりがとても頭いいサイト作りだと思いました。情報っていろんなところに散らかっててもしょうがないですけど明確な案内先(オフィシャルページ/ポータルサイト)って大事ですからね。

こちらライブ映像のダイジェストらしい。

これはぜひライブ撮影したいバンド!!

演奏力もありそうだしライブ映像映えするタイプだ!

3. Dzyen Ft Daniel Tompkins – Digital Senseless

イギリス産ロック/プログレメタルのDzyen。

色々なフィーチャリングボーカルを入れて曲をやっているようですね。

この曲は実にジェント的でボーカルはテッセラクト、SkyharborなんかのDaniel Tompkins!

そしてもう一曲。こちらは王道ロック感溢れた曲ですが、テッセラクトの元Vo.Ashe O’Hara!

ほかにもSpencer Sotelo(Periphery)、Chris Barretto (Monuments)、Mike Semesky (Raunchy/Intervals)、Max Michel (The Algorithm)などともコラボしているそうで!

これはすごいプロジェクトだ!今後も楽しみ!

4. Chizhik Jazz Quartet – Salsa March. Tchaikovsky.

度々聴きたくなるのがロシアのジャズカルテット、Chizhik Jazz Quartet!

ヴィブラフォンでのジャズって打鍵感が薄くてすごい幻想的ですよね。パーカッシブでありメロディックでありパッド感であり…好きなんですよね。

こちらはチャイコフスキーの名曲「くるみ割り人形」のマーチを変拍子でかつサルサ感あふれるアレンジをした一曲!いいですよね!

個人的には彼らはこっちの曲もかなり好きです。美しい。

こっちはモーツァルトのフィガロの結婚のアレンジ。

5.Gift Giver – Phobic

これからどんどん伸びてきそうなアメリカ産ニューメタル、Gift Giver。

Korn系なインダストリアルなフレージングにハードコア感あるボーカルがのっている印象。

今まではもっとハードコア感溢れてたんですが、特に今作はこういうニューメタルな曲とザ・ヒップホップな感じのミクスチャー系と二極化していました。

こちらもう一曲。こっちはもろミクスチャー/ラップコアですね!最高です!!

それではまた後半にお会いしましょう。