ノートPC MSI Prestige 14を購入しました

WindowsノートPCの購入を決意

これまで持ち歩き外仕事はMacBook Pro (15インチ タッチバー搭載, 2016)を使用していたのですが、

左のコマンドキーがパカパカした末外れ、

右のスピーカーの低域を担当するツイーターが飛ぶというのが立て続けにありました…

2016年製MBPは呪われた世代。

スピーカートラブルや色々エラー報告が多発した世代なのですが

そこで「次のMacは~」と調べていたところ

どうやら2019年末に出たMacBookPro 16インチモデル以前は、

バタフライ構造のキーボードとなっていてそれが欠陥であり

16インチモデルからようやく新構造を採用したとのこと。

さすがに選択肢狭すぎ!

そんなMacに嫌気がさしてどうせガッツリ編集するのは自宅のデスクトップWindowsマシンだし

外は今のMBP以上のスペックであればWindowsでいいじゃん!と思いリサーチしました。

条件は

  • MBPよりスペックが同程度以上(CPUはi7マスト)
  • 価格は¥18万以下
  • 軽さはMBP(約1.7kg)以下
  • メモリ 16GB以上
  • USB type-C対応
  • モニター 14インチ~15.6インチ

メーカー製からドスパラ、パソコン工房などのBTOも検討したところ

こちらがベストチョイスでした!

MSI Prestige 14をレビュー

MSI - Prestige 14 (2019年11月発売)
CPUIntel Core-i7 10510U(6C 12T/1.1~最大4.6GHz)
メモリ16GB
GPUGeforce MX250
モニター14インチ (解像度 1920×1080)
SSD512GB (NVMe)
入出力イヤホンミニ、USB TypeA×2、USB TypeC×2、microSDスロット
サイズ / 重さW319×D215×H15.9mm / 重量 1.29kg
購入金額¥144,800 (PCショップ アークにて)

グラボやマザボなどPCパーツ界でおなじみMSIのノートPCです。

ゲーミングノートとビジネスノートの中間というクリエイターノートシリーズとして発表され、

まさに自分のニーズに合った一台です。

MBPと比較したメリット・デメリット

メリット

  • 軽い。0.4kgくらいの差だけどこの差はデカかった…
  • モニター14インチだけど縁が細いのとで、13インチPCサイズと小型
  • MBPに比べてキー入力音が静か
  • MBP買うより遥かに安価
  • USB Type-C給電のためMBPで使っていた電源ケーブル、HDMIなどの拡張ハブが活かせる

デメリット

  • モニター解像度はMBP(Letina液晶 解像度2880 x 1800)のほうが高画質
  • 編集やレンダリング時、ハイパフォーマンス出すと冷却FANが唸りまくりうるさい
  • Adobeソフト使用時に時々落ちる

Premiere Pro、After Effects使用での比較

◆CPUベンチマークソフト「CINEBENCH r20」での比較

使用PC搭載CPUCPUコア / スレッド
(多いほど分散処理得意)
CPUクロック
(高いほど高速)
計測スコア
MSIIntel
Core-i7 10510U
4コア / 8スレッド2.31 Ghz1,244 pts
MBPIntel
Core-i7 6700HQ
4コア / 8スレッド 2.6 Ghz1,652 pts

CPUとしては第10世代vs第6世代ではあるけどクロックの差がスコアに出た形ですね

近しいレベルですがMBPのほうがCPUパワーは優秀でした

◆Premiere Proでの比較

今回契約しているEnvato Elementsにあったプロジェクトでレンダリング比較をしました。

Envato Elementsについては以前の記事を参照ください!

Screenshot of dengekizoo.net

https://elements.envato.com/magic-wolf-logo-premiere-pro-6G4FAP8

プロジェクトを開きそのまま

QuickTime Prores422のプリセットでレンダリングしました。

MSI 21秒47
MBP 20秒25

ということでまさかのMBPの方がやや早かったです。

◆After Effectsでの比較

こちらもEnvato Elementsのプロジェクトでレンダリング比較をしました。

https://elements.envato.com/memory-sketch-6A8D7KB

こちらも読み込みそのままProres 422でレンダリングです。

MSI 20分40秒
MBP 22分42秒

無事MSIの勝利!AEはCPUよりメモリ/GPUがフル稼働するので

その力はMSIのほうが強かったようです。

結果的に…

MacBookProの方が優秀なところもありますが、

モバイルとしてより求めていた軽さなどの要素も含め買い替えて満足!

持ち運びやすくて適度に編集もできるPCが欲しいならおすすめです。

ちなみに編集用デスクトップPCは…

普段編集で使うメイン編集PCでも同じことをしてみました

・CINEBENCH r20 7,021pts
・Premiere Pro 12秒
・After Effects 6分44秒

やっぱりデスクトップ is JUSTICE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です